日本赤十字社和歌山県赤十字血液センター


日本赤十字社和歌山県血液センター
はじめての献血
What's献血
献血バスの日程
献血ルーム
献血施設のご案内
Q&A
入札・契約情報
医師・看護師の募集
献血の統計情報
アドビフラッシュプレイヤーダウンロードへ
上のイメージムービーを見るにはmacromedia FLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードしてください。
アドビアクロバットリーダーダウンロードへ
PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

ホーム > What's献血 > 献血の必要性
What's献血
献血の必要性 献血の種類 献血の基準 献血の手順 献血後のお願い 検査成績のお知らせ
献血の必要性
輸血の必要な患者様を救うために
血液は人間の生命を維持するために欠かすことのできない成分です。体内から一定量が失われると、命に関わります。
また、血液のもつ機能が正常に動かなくなると病気になったりします。このようなとき、患者様を救うために輸血が必要となりますが、輸血用血液は、献血によってしか確保することができません。


血液は人工的に造ることができないから
血液は科学が進歩した現在でも人工的に造ることはできません。
また、血液は生きた細胞ですから、長期間保存することもできません。
輸血に必要な新鮮な血液をいつでも十分に確保しておくためには、絶えず誰かが献血していかなければなりません。
みなさま一人ひとりの献血への参加が、病気やけがの治療を支え患者様を救います。


国内自給率100%を実現するために
輸血用血液は、すべて国内の献血でまかなわれています。
しかし、血液中の血漿を原料として製造される血漿分画製剤は多くを輸入に頼っています。このような製剤の安全性の確保と倫理的な見地から、国はこれらについても国内の献血によってまかなう方向性を示しています。
国内自給を達成するためには、さらに多くの献血が必要とされています。


はじめての献血の方へ戻る
サイトマップ リンク集 各種ポリシー
Copyright 2008 Wakayama Red Cross Blood Center.All Right Reserved.