日本赤十字社和歌山県赤十字血液センター


日本赤十字社和歌山県血液センター
はじめての献血
What's献血
献血バスの日程
献血ルーム
献血施設のご案内
Q&A
入札・契約情報
医師・看護師の募集
献血の統計情報
アドビフラッシュプレイヤーダウンロードへ
上のイメージムービーを見るにはmacromedia FLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードしてください。
アドビアクロバットリーダーダウンロードへ
PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

ホーム > What's献血 > 献血の基準
献血の必要性 献血の種類 献血の基準 献血の手順 献血後のお願い 検査成績のお知らせ
健康な方なら、献血による身体への影響はほとんどありません。
 しかし、体調をくずしていたり、健康状態の良くない時に献血をすると健康を損ねる場合もあります。
 献血者の健康を守るためにさまざまな基準を設けています。


平成23年4月1日から
年齢条件などの採血基準が一部改正になりました。


【改正内容】

1. 献血にご協力いただける方の年齢の拡大
(1)男性に限り、400mL全血献血が可能な方の年齢の下限を「18歳」から「17歳」に引き下げます。
(2)男性に限り、血小板成分献血が可能な方の年齢の上限を「54歳」から「69歳に引き上げます。
65歳から69歳までの方は、60歳から64歳までの間に献血の経験がある方に限られます。

2. 血色素量(ヘモグロビン濃度)
の下限値の引上げ
(1)男性に限り、200mL全血献血が可能な方の血色素量の下限値を「12g/dL」から
  「
12.5g/dL」に引き上げます。
(2)男性に限り、400mL全血献血が可能な方の血色素量の下限値を12.5g/dL」から
  「
13g/dL」に引き上げます。
   血色素量(ヘモグロビン濃度)は血液中の赤血球の濃さを意味しています。

■ 献血方法別の採血基準

成分献血 全血献血
血漿成分献血 血小板成分献血 200mL献血 400mL献血
1回献血量 300mL〜600mL
(体重別)
400mL以下 200mL 400mL
年齢 18歳〜69歳※ 男性18歳〜69歳※
女性18歳〜54歳※
16歳〜69歳※ 男性17歳〜69歳※
女性18歳〜69歳※
体重 男性45kg以上
女性40kg以上
男女とも
50kg以上
最高血圧 90mmHg以上
血色素量 血色素量12g/dL以上(赤血球指数が標準域にある女性は11.5g/dL以上) 血色素量
12g/dL以上
男性12.5g/dL以上
女性12g/dL以上
男性13g/dL以上
女性12.5g/dL以上
血小板数 15万/μL以上
60万/μL以下
年間
献血回数
血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内 男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
年間
総献血量
200mL献血と400mL献血を合わせて
男性1,200mL以内
女性 800mL以内

※65歳から69歳までの方は、60歳から64歳までの間に献血の経験がある方に限られます。
■ 血漿成分献血の体重別献血量の目安

体重 献血量
40kg〜45kg未満 300mL(女性のみ)
45kg〜50kg未満 300mL〜350mL
50kg〜55kg未満 400mL
55kg〜60kg未満 400mL〜450mL
60kg〜65kg未満 400mL〜500mL
65kg〜70kg未満 400mL〜550mL
70kg以上 400mL〜600mL
■ 献血の間隔

血漿
成分献血
血小板
成分献血※
200mL献血 400mL献血
血漿成分献血 男女とも2週間後の
同じ曜日から献血できます
男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます
血小板成分献血
400mL献血 男性は12週間後・女性は16週間後の同じ曜日から献血できます
200mL献血

※血漿を含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可能になります。ただし4週間に4回実施した場合には次回までに4週間以上あけてください。



はじめての献血の方へ戻る
サイトマップ リンク集 各種ポリシー
Copyright 2008 Wakayama Red Cross Blood Center.All Right Reserved.